2010年04月05日

フキノトウ

フキノトウは、山菜の中でも良く知られている山菜です。
しかし、食べ方を知らないと言う方は、多いのではないでしょうか。
花の咲く前までは、食べる事が出来ます。

フキノトウは、色々な食べ方のある山菜です。
フキノトウは、天ぷらや和え物にするのが一般的ですが、佃煮にもなります。

スーパーなどの店頭で売られているフキノトウは栽培物だと思いますが、まだ試した事のない方は食べてみてはいかがでしょうか。
春が来た〜、という感じになると思いますよ。
ただ、栽培物と山で採った物とは、味も香りも違うと思いますが。

フキノトウに限らず、春の山菜はどれも苦味があります。
この苦味も含めて、春の山菜の味なのですが、苦手な方にとっては、とても食べられた物ではないでしょうね。
虫や小動物に食べられない為の自衛だと言いますが、もしかして人間にも食べられないようにと頑張っているのかもしれません。
そう考えると、春の山菜は、けなげですね。

苦味は、天ぷらにすると薄れると言いますが、どうしても苦味は残ります。
案外、茹でて胡麻和え科》辛子醤油和えにしたほうが、苦味はごまかせるかもしれません。
また、苦味はアクでもありますから、茹でる時に重曹を少々入れると硬貨があるかもしれません。

しかし、これは人の味覚の問題ですから、どんな調理でも苦味が気になる人と、調理法によっては気にならない人がいると思います。
色々試してみて、どうしても苦手なようなら、他の山菜に挑戦してみてはいかがでしょうか。
苦味がそれほど強くない山菜も「」ありますよ。
posted by dragonGG at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 山菜採り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

ふきのとう

少し前から、フキノトウが取れ出しました。
そして、今では早くも化けてしまいました。

湯通ししたフクノトウを叩いて、味噌とミリンでフキミソを造り、
湯通しした新鮮なタケノコに付けて食べました。

美味しかったあ
posted by dragonGG at 04:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 山菜採り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

自然生活は薪ストーブ

山の山頂の方では紅葉の季節も終わり、雪が降るのも秒読みになってきました。

朝はなかなか布団から起きられずに、寒さで行動が鈍くなっています。

「あぁ〜。仕事か〜。起きなきゃ〜。」

と無理やり体を動かします。

仕事以外のときは、ついつい部屋でゴロゴロしながら、テレビを見る時間が長くなってしまいますね。

田舎暮らしをしていると、雪が降る前にあれや、これやと色々片付けをしたり、準備をしたりと忙しくなってきます。

特に、「薪ストーブ」で生活している家では、この時期は半年分の薪集めに大忙しです。

山に木を切りに行き、トラックにガンガン積み込み、家まで何回も往復して運搬し、それをサイズを揃えて積み重ねていき、乾燥させる。

木の種類によって、燃え方が全く違うので大変面白いものです。
薪の燃える炎を見ているのは飽きないものです。
自然生活を楽しきたい人には「薪ストーブ」は絶対にお勧めですね。

さてさて、秋の味覚では「なめこ」が旬です。
寒くなってきて、きのこにはちょうど良く、家の裏で毎日採ることが出来ます。
仕事から帰ってきて、「なめこ」の味噌汁を啜るのが最高です。

「山ぶどう」の採れる時期は終盤を迎えました。
実は完全に熟し、自然にポロポロと落ち始めました。
今が一番実も大きく、粒も最高に甘いものが付いています。

つい先日、朝5時に起きて日の出とともに今年最後の収穫に行ってきました。
1時間ほどで10キロ。凄まじい量が採れました。
大きくて、しっかりした実だけを選別して焼酎漬けにすることにしました。

今年は本当に豊作で、山の恵みに感謝です。
タグ:自然生活
posted by dragonGG at 05:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。