2010年07月19日

山の散策

7月ともなれば、暑い日もありますが、山は木陰があって涼しいくらいです。
山菜採りは殆ど終わった頃ですが、それでも種類によってはまだ食べられる山菜はあります。

お天気の良い日に、散歩がてらに山道を歩くのもいいかもしれませんね。
山の散策のついでに、山菜を見つける事が出来るかもしれません。

都会では、車を走らせたり、電車に乗って行かなければならないかもしれません。
しかし、山歩きは、日頃の運動不足解消にもなりますし、
山菜を見つけたらちょっと得したような気分になりませんか。

あまり山の奥まで入っていくのはお勧め出来ませんが、
山道を少しだけ中に入るくらいなら危なくありません。

ただ、興味本位で、あちこち歩き回ると、
正規の山道に戻れなくなる場合もありますから、気を付けて下さいね。

本格的に山菜採りをするなら、先に所有者の許可を得ます。
勝手に入山するのは、所有者の方にとっても迷惑ですし、
不測の事態になった場合に、自分がいる事を確認して貰えません。

また、山に入る時には、きちんと装備をしてから入るようにしましょう。
直ぐに帰るからと、軽装で出かけて遭難する事もあります。
不案内な山であれば、土地に詳しい方に同行をお願いするとか、
よく道を聞いてから入るようにします。

山に入ったら、山を汚さず・荒らさずが最低限のルールですから、きちんと守りましょう。
間違っても、次の年に芽が出なくなるような採り方だけは、しないようにしましょう。
ルールを守って、楽しく山菜採りをしたいですね。

ラベル:山の散策
posted by dragonGG at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月05日

コゴミ

コゴミは、クサソテツというのが正式名称のようですが、
若芽の部分を山菜名でコゴミと言うんだとか。

ゼンマイのように、先がくるくると巻かさっています。
地域によって採れる時期は違うかもしれませんが、
暖かい地域は、もっと早いかもしれません。

芽が伸びた後でも、茎の柔らかい部分は、食べる事が出来ます。

コゴミは、山林や川原の湿った場所に群生します。
山道に生えていたりしますので、よく山菜採りに行った時などに、
他の山菜と一緒に採って来る山菜です

食べごろは、芽が15cmほど伸びた頃。
葉がしっかり撒いている物を選んで、手で折ります。

丁度、手で折れる部分から上が柔らかいので、
ハサミなどで切るよりも手で折ってみましょう。

採ってきたコゴミは、早めに処理をします。

食べ方は、天ぷらが代表的ですが、
タタキにして酢醤油で食べても美味しく頂けます。

独特のヌルヌルがあり、それがまた、コゴミの美味しさを引き立てます。
ジュンサイやメカブのように、酢醤油がピッタリきます

しかし、多く食べると腹痛になるそうです。
他に、煮物や和え物、お浸し、炒め物と、どんな調理にも合います。

また、茹でた物は、冷凍保存も出来ますので、小分けして冷凍するといいですね。

コゴミは、庭で栽培する事も出来ます。
成長すると、葉がとても美しいので、観葉植物として眺める事も出来ますし、
また、次の年も出てきますので、毎年コゴミを楽しむ事が出来ます。
乾燥には弱いので、常に水土が乾かないようにしましょう。



ラベル:コゴミ 山菜
posted by dragonGG at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 山菜採り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

ヨモギ

ヨモギは、皆さん御馴染みの草もちに使われる山菜です。
山菜と言うには、あまりに身近にあり、ほかの雑草と同居しています。
ヨモギは、山菜として食べる他に、薬草としても昔から使われています。
山に入らなくても採れる山菜ですから、危険も少ないのではないでしょうか。
しかし、道路際のような場所は、排気ガスを吸収しているかもしれませんので、少し山に入った場所がいいかもしれませんね。

ヨモギは、キク科の多年草で、地下茎で増えます。
香りが良く、独特の芳香がありますので、嫌いな方もいる事と思います。
しかし、食用だけではなく、様々な使い方のあるヨモギですから、摂りに行ってみませんか。

葉は、柔らかい若い葉を摘みます。
茹でてから潰し、お餅やお団子に混ぜると草もちや草団子になります。
ヨモギは、茹でて冷凍すると長期間保存出来ますので、使う分ずつに分けて冷凍すると好きな時に使えて便利です。
生の葉は天ぷらに、茹でて水に晒した物は、胡麻和えや酢の物、炒め物などに使います。

ヨモギは、薬効成分の高い薬草として知られ、ヨモギの青汁は有名ですね。
ガンの抑制、アレルギーの改善、デトックス効果、婦人科系の改善など、様々な効果があります。
また、お風呂に入れてヨモギ湯にすると腰痛や痔に効果があるとされています。

ヨモギは、お灸のモグサとしても知られています。
モグサは、葉を乾燥させ、葉裏の綿毛を採取した物です。

その他、干した葉を煎じて飲むと腹痛や貧血、下痢などに効果があります。

昔から、食用として、また薬草として民間療法に役立ってきたヨモギは、優れものですね。
今年は、私もヨモギを探してみたいと思います。
ラベル:ヨモギ
posted by dragonGG at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 山菜採り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。