2010年11月22日

キノコの効用

キノコ狩りは、秋を感じさせてくれます。
紅葉し始めた木々を見ながら、キノコを採るのもいいものですね。

キノコは、大変栄養のある食材です。
特にシイタケは、栄養食品として知られています。
自宅で、シイタケ栽培をしている方も多いのではないでしょうか。

一般に、キノコ類は抗がん作用が高い食品です。
よく、シイタケを食べるとがんにならない、と言われていますね。

キノコは、汁物、鍋物、天ぷら、煮物、佃煮と、調理のレパートリーも多い食品です。
茹でたキノコを、酢の物にしても、大根おろしで食べても、美味しく頂けます。
また、大量に採れた時には、塩漬けや冷凍で、長期保存も出来ますので、1年中楽しめます。

シイタケに限らず、キノコには抗がん作用のある物が多いのです。
キノコの成分が、免疫細胞を活性化させるようなのですが、そのせいでがん細胞が除去されるのですね。

シイタケには、他に抗酸化作用もあります。
抗酸化物質は、体の中の活性酸素を除去してくれますので、細胞の若返りが期待されます。

ヤマブシタケには、脳細胞を若返らせえる働きがあるそうです。
成分に、死にかけた神経細胞を活性化する働きがあるそうで、現在、製薬会社では、アルツハイマーの研究開発を行っているようです。

他にも、血圧を改善する物、血糖値を下げる物、コレステロール値を下げる物など、キノコによって色々な効能があります。

キノコ狩りに行く時には、どのキノコが何に効果があるのかを知っておくといいですね。
美味しく食べて、健康になりましょう。
ラベル:効用
posted by dragonGG at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | きのこ狩り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

毒キノコに注意を

秋はキノコ狩りのシーズンですが、毒キノコを間違えて食べて中毒を起こす事故は、結構あります。

もし、間違えて食べた時の為に、毒キノコの知識もあるといいのではないでしょうか。

ツキヨタケは、毒キノコで有名ですが、間違えて食べる事もあります。

食べてから30分〜3時間くらいの間に腹痛、下痢、嘔吐などの症状が表れます。

24時間以内に回復に向かいますが、症状が出たら直ぐに病院で診て貰いましょう。

ベニテングダケも毒キノコとして有名なキノコです。

筋肉痙攣や精神錯乱、幻覚などの症状が現われます。

そのままでは、昏睡状態に陥る場合がありますので、出来るだけ速やかに病院で見て貰います。

ドクササゴは、見た目は食べられるキノコのようですが、数日経過した頃に指先が腫れてきます。

手足の先が熱を持ち、痛みが続きます。

食べてから症状の出るまでに日数がありますので、気が付かない場合もあるかもしれません。
変だと思ったら、病院で診察して貰いましょう。

他に、カキシメジ、クサウラベニタケなど、毒キノコ数は結構多いようです。

昔は、毒キノコは派手な色をしている、と言われていましたが、見た目は食べられるようなキノコが多いです。

ごくキノコの載った図鑑などもありますので、良く見比べて、間違って食べないようにしましょう。

また、体調がおかしいと感じたら、念のため病院に行ったほうがいいかもしれません。

一緒に食べても症状の軽い人もいるでしょうが、一応毒キノコを疑ってみましょう。
ラベル:毒キノコ
posted by dragonGG at 04:58| Comment(0) | TrackBack(0) | きのこ狩り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月13日

キノコ狩り

秋は、キノコ狩りのシーズンです。
月によって、キノコも違ってきますので、9月から11月くらいまでは楽しめますね。
キノコ狩りでは、毎年必ずどこかで捜索願がい出されますが、不案内な山には入らないように気を付けましょう。

キノコ狩りは、昔からキノコのある場所は決して人に教えない、と言われています。
ですから、キノコ狩りに行こうと思ったら、自分で見当を付けて探すしかないのですが、これが遭難の原因にもなります。
キノコのある場所とを見つけると、つい夢中になって森の奥まで入ってしまうようです。
必ず、森に入る前には、目印になるような物を探して、確認しておきましょう。
そして、どのあたりにキノコがあるのかを見極めるようにします。
キノコを探して、むやみに森の中を歩き周るのは、とても危険な事です。
森の中は方向感覚が狂ってしまいますので、歩き回ると自分がどの方向から入ってきたのかが分からなくなります。
方位磁石を持っていると安心かもしれませんが、それでも森から出られなくなる事があります。
森に入る時には、充分注意してキノコ狩りをしましょう。

地域によって、採れるキノコの時期や種類は違ってくると思いますが、ホテイシメジやナラタケ、ウスヒラタケなどが採れます。
キノコは、毎年、食中毒を出しますので、毒キノコとの見分けが大事です。
良く分からないキノコや、見た事のないキノコなどには注意し、採らないようにしましょう。
キノコ図鑑があれば、持って行くといいですね。
ラベル:キノコ狩り
posted by dragonGG at 05:34| Comment(0) | TrackBack(0) | きのこ狩り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。