2011年01月07日

山の暮らし

最近は、老後は田舎で、と思っている方が多いのだとか。
田舎の山暮らしがしたいのだそうですが、何故、そんなに山の暮らしに憧れるのでしょうか。

憧れは憧れとして、実際に生活するには不便な点が沢山あります。
それでも、山暮らしがしたいと思うのは、精神的に癒されるからでしょうか。

確かに、都会とまではいかなくても、人口の多い都市はいくらでもあります。
人が多いと、人間関係が複雑になってストレスが溜まりますね。
山の自然に触れると、そんなストレスも一掃されてしまいそうです。
自分も将来、山の暮らしがしたいと思っている訳ではありませんが、少し憧れる部分はあります。

親戚が田舎に住んでいるのですが、車がなければかなり不便なところです。
鉄道は、とっくの昔に廃止になって、交通手段はバスしかなく、それも日に2往復程度らしいのです。

しかし、のんびりとした風景は、いつ行っても変わらず、自分の郷里でもないのに、何だかホッとしてしまいます。
ここに住む事になったら、夜は木々のざわめきで怖いだろうな、と思いますが、慣れれば平気なのかもしれません。

買出しは遠くの町まで車で行っているよいうなのですが、冬は雪が多ければ大変だろうと思います。
今は、殆ど住む人もいなくなって、過疎化をまっしぐらの状態ですが、親戚はそこを離れる気はないと言います。
山は季節ごとに色々な色に染まり、本当に綺麗だと亡き母も言っていました。

山の暮らしの魅力は、四季折々の景色と山菜、木の実、それにストレスの無いところなのでしょうか。
気持ちが和むのは確かなので、会社やご近所との付き合いに疲れた方には、とてもよい所ではないかと思います。
タグ:山の暮らし
posted by dragonGG at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月31日

田舎暮らし

最近は、スローライフが人気で、田舎暮らしをしようという人が増えてきています。

都会では味わう事の出来ない、土の香りと、自分で栽培した野菜、近くの山で採れる山菜などが、食卓を飾ります。

ちょっと前までは、現役をリタイアした方が田舎に引っ込むという事もありましたが、最近は若い方が多いようです。

スローライフは、確かに素敵な生活かもしれません。
しかし、田舎の暮らしは、何かにつけ不便です。
それを理解しないと、上手くいかないのではないかと思います。

田舎は田舎でも、都市に近い田舎なら、さほど不便はないと思います。

これから田舎暮らしを始めたいと思っている方は、どの程度の田舎なのか、どんな土地なのかを良く検討してみましょう。

田舎に引っ越すという事は、これから一生そこに住むという事でもありますから、いくら考えても考え過ぎる事はありません。

田舎に畑を借りて、週末に畑を管理しに行っている方もいます。
スローライフの方法も、人それぞれです。
自分のライフスタイルに合った田舎を探して下さいね。

私なんかは、田舎暮らしというと某テレビ局の番組を連想してしまいます。

あれはあれで、とても素敵だとは思いますが、自分には無理だろうな、と思います。

何せ、非常にフットワークが悪いので、仕事が山のように溜まってしまいそうです。

でも、自然と触れ合いながら過ごす毎日は、人間の本来の暮らし方ではないかと思っています。

自然の恵みを頂いて生活するという事は、大切な事なのではないでしょうか。




タグ:田舎暮らし
posted by dragonGG at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

自然生活は薪ストーブ

山の山頂の方では紅葉の季節も終わり、雪が降るのも秒読みになってきました。

朝はなかなか布団から起きられずに、寒さで行動が鈍くなっています。

「あぁ〜。仕事か〜。起きなきゃ〜。」

と無理やり体を動かします。

仕事以外のときは、ついつい部屋でゴロゴロしながら、テレビを見る時間が長くなってしまいますね。

田舎暮らしをしていると、雪が降る前にあれや、これやと色々片付けをしたり、準備をしたりと忙しくなってきます。

特に、「薪ストーブ」で生活している家では、この時期は半年分の薪集めに大忙しです。

山に木を切りに行き、トラックにガンガン積み込み、家まで何回も往復して運搬し、それをサイズを揃えて積み重ねていき、乾燥させる。

木の種類によって、燃え方が全く違うので大変面白いものです。
薪の燃える炎を見ているのは飽きないものです。
自然生活を楽しきたい人には「薪ストーブ」は絶対にお勧めですね。

さてさて、秋の味覚では「なめこ」が旬です。
寒くなってきて、きのこにはちょうど良く、家の裏で毎日採ることが出来ます。
仕事から帰ってきて、「なめこ」の味噌汁を啜るのが最高です。

「山ぶどう」の採れる時期は終盤を迎えました。
実は完全に熟し、自然にポロポロと落ち始めました。
今が一番実も大きく、粒も最高に甘いものが付いています。

つい先日、朝5時に起きて日の出とともに今年最後の収穫に行ってきました。
1時間ほどで10キロ。凄まじい量が採れました。
大きくて、しっかりした実だけを選別して焼酎漬けにすることにしました。

今年は本当に豊作で、山の恵みに感謝です。
タグ:自然生活
posted by dragonGG at 05:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。