2010年04月05日

フキノトウ

フキノトウは、山菜の中でも良く知られている山菜です。
しかし、食べ方を知らないと言う方は、多いのではないでしょうか。
花の咲く前までは、食べる事が出来ます。

フキノトウは、色々な食べ方のある山菜です。
フキノトウは、天ぷらや和え物にするのが一般的ですが、佃煮にもなります。

スーパーなどの店頭で売られているフキノトウは栽培物だと思いますが、まだ試した事のない方は食べてみてはいかがでしょうか。
春が来た〜、という感じになると思いますよ。
ただ、栽培物と山で採った物とは、味も香りも違うと思いますが。

フキノトウに限らず、春の山菜はどれも苦味があります。
この苦味も含めて、春の山菜の味なのですが、苦手な方にとっては、とても食べられた物ではないでしょうね。
虫や小動物に食べられない為の自衛だと言いますが、もしかして人間にも食べられないようにと頑張っているのかもしれません。
そう考えると、春の山菜は、けなげですね。

苦味は、天ぷらにすると薄れると言いますが、どうしても苦味は残ります。
案外、茹でて胡麻和え科》辛子醤油和えにしたほうが、苦味はごまかせるかもしれません。
また、苦味はアクでもありますから、茹でる時に重曹を少々入れると硬貨があるかもしれません。

しかし、これは人の味覚の問題ですから、どんな調理でも苦味が気になる人と、調理法によっては気にならない人がいると思います。
色々試してみて、どうしても苦手なようなら、他の山菜に挑戦してみてはいかがでしょうか。
苦味がそれほど強くない山菜も「」ありますよ。
posted by dragonGG at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 山菜採り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

ふきのとう

少し前から、フキノトウが取れ出しました。
そして、今では早くも化けてしまいました。

湯通ししたフクノトウを叩いて、味噌とミリンでフキミソを造り、
湯通しした新鮮なタケノコに付けて食べました。

美味しかったあ
posted by dragonGG at 04:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 山菜採り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月11日

カヌーでスローライフ 山ぶどう

台風も過ぎ去り、自然生活にも晴れの日が訪れた。

群馬県の北部もかなりの影響がありました。
山の紅葉前の葉は風で飛び散り、枝は折れて道路に横たわっていたりしました。

猛烈な風が、瞬く間に過ぎていきました。

台風が過ぎた次の日に、地元のダムにカヌーを乗りに行きました。
目的は、最近ハマっている「流木」集めです。
台風のおかげで、ダムの湖岸は流されてきた「流木」だらけでした。

湖岸沿いをカヌーで進み、いい形をした物や、
芸術的な木目が出来ている「流木」を拾い集めました。

30キロほどはある木の根の「流木」や、
様々なサイズのものをどんどん拾い上げ、カヌーは沈没ギリギリの状況でした。

拾ってきた「流木」は、自宅で数日間真水に漬けて、
後にブラシでコケや土を落としていくと綺麗になります。

部屋のインテリアとして飾ったり、水槽に入れたりして使用しています。

いらなくなった物は、焚き火をする際の薪にするなどして、
月に数回カヌーで大量の「流木」拾いを繰り返しています。

広いダムの中でカヌーを一艇浮かべていると、
辺りは自然の音しか聞こえず、大自然の中に一人だけの状況になります。

カヌーの上からは、「山ぶどう」がなっているのが見えたり、
森の方からガサガサと動物の歩く足音が聞こえてきたりなど、
自然の世界にどんどん吸い込まれ、
究極のスローライフを体験することが出来ます。

「山ぶどう」は自宅でワインにしたり、ジャムにしたりすると酸味が強くとても美味しいです。
一粒が大変小さいので、大量に採ってこなければなりません。
一粒一粒を丁寧に洗い、傷んでいない物だけを綺麗に選別する作業がかなり大変です。

しかし、どんなものを作る場合でも、
丁寧に時間をかけただけ美味しいものが出来上がります。

「山ぶどう」の季節は今からなので、今年は沢山採りに行く予定です。
posted by dragonGG at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 山菜採り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。