2011年12月04日

冬篭りの季節

12月には、山菜は採れませんね。
暫くは、山も次の芽吹きまでじっとしています。

冬の間は、保存しておいた山菜やを料理しましょう。
山菜は、乾燥させたり、水煮にしたり、塩漬けにしたりして保存します。
これを冬の間は出してきて食べるのですが、採り立ての山菜やキノコとは、また違った味が楽しめます。

交通機関がない昔は、冬になると家から出られない状態だったのではないでしょうか。
まして、暖かい地域なら別ですが、雪深い山の近くに住んでいると、保存した野菜だけが食生活を支えてきたのではないかと思います。

どの程度を田舎というのかは分かりませんが、今では、どんな過疎の町に行っても交通機関はあるでしょうし、車を持っていれば不便はないように思います。
スーパーに行けば、年中、季節に関係なく野菜も置いてあります。
しかし、その分、季節感が薄れ、何が旬七日が分からなくなってしまいます。

食材は、旬のものが栄養も高く、その季節ごとの理にかなっていると言います。
しかし、栽培が普及して安定した供給が出来るようになると、キノコも他の山菜たちも季節が分からなくなってしまいますね。
自生している物と栽培物は、明らかに違うのに本物の味を忘れて行ってしまう感じがします。

それでも、その季節にしか味わえない食品は、まだ多くあります。
山菜は、どうしてもその季節でなければ手に入らないものが多いですね。

最近は、旬の食材を食べようという意識が強くなっています。
次の季節の取立ての山菜の味を楽しみに待ちながら、暫くは保存の味で我慢しましょう。
posted by dragonGG at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月21日

ヤマノイモ

ヤマノイモは、別名自然薯とも言います。
自然薯のほうが、ポピュラーではないでしょうか。

ヤマイモというのもありますが、ヤマノイモと同じです。
地域によっては、栽培されたナガイモをヤマイモと呼んでいるところもあります。
ナガイモは、栽培されているイモで、ヤマノイモほどの粘りはありません。
勿論、風味も味も違います。

ヤマノイモは、粘性が強く、摩り下ろして箸で持ち上げても落ちてきません。
京料理などに良く使われますが、色々な食べ方があります。

摩り下ろしたものを油で揚げても美味しいですし、お豆腐と混ぜてがんもどきにもなります。
そのまま生で、千切りにして酢醤油やわさび醤油で食べても、サッパリして美味しいです。
また、煮物にも使われます。

枯れた蔓には、ムカゴが出来ていますので、これも採って食べましょう。
ヤマノイモと同じように粘りがあり、茹でたり炒めたり、煮物などに使います。

ヤマノイモを途中で折らないように掘るには、経験が物を言うようですが、結構難しいようです。
非常に根気の要る作業ですが、先端まで掘り下げていったら、先は少し残して槌を埋めます。
こうする事によって、翌年に又、芽が出てヤマノイモが育ちます。

最近は、ヤマノイモに限らず翌年の目が出ないような山菜の採り方をする者がいますが、言語道断です。
自然を守るという意識のない人は、山菜採りに山に入るべきではないと思っています。

来年の為に、という優しい気持ちで山菜に接して欲しいと思います
posted by dragonGG at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

山の散策

7月ともなれば、暑い日もありますが、山は木陰があって涼しいくらいです。
山菜採りは殆ど終わった頃ですが、それでも種類によってはまだ食べられる山菜はあります。

お天気の良い日に、散歩がてらに山道を歩くのもいいかもしれませんね。
山の散策のついでに、山菜を見つける事が出来るかもしれません。

都会では、車を走らせたり、電車に乗って行かなければならないかもしれません。
しかし、山歩きは、日頃の運動不足解消にもなりますし、
山菜を見つけたらちょっと得したような気分になりませんか。

あまり山の奥まで入っていくのはお勧め出来ませんが、
山道を少しだけ中に入るくらいなら危なくありません。

ただ、興味本位で、あちこち歩き回ると、
正規の山道に戻れなくなる場合もありますから、気を付けて下さいね。

本格的に山菜採りをするなら、先に所有者の許可を得ます。
勝手に入山するのは、所有者の方にとっても迷惑ですし、
不測の事態になった場合に、自分がいる事を確認して貰えません。

また、山に入る時には、きちんと装備をしてから入るようにしましょう。
直ぐに帰るからと、軽装で出かけて遭難する事もあります。
不案内な山であれば、土地に詳しい方に同行をお願いするとか、
よく道を聞いてから入るようにします。

山に入ったら、山を汚さず・荒らさずが最低限のルールですから、きちんと守りましょう。
間違っても、次の年に芽が出なくなるような採り方だけは、しないようにしましょう。
ルールを守って、楽しく山菜採りをしたいですね。

ラベル:山の散策
posted by dragonGG at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。