2011年09月21日

ヤマノイモ

ヤマノイモは、別名自然薯とも言います。
自然薯のほうが、ポピュラーではないでしょうか。

ヤマイモというのもありますが、ヤマノイモと同じです。
地域によっては、栽培されたナガイモをヤマイモと呼んでいるところもあります。
ナガイモは、栽培されているイモで、ヤマノイモほどの粘りはありません。
勿論、風味も味も違います。

ヤマノイモは、粘性が強く、摩り下ろして箸で持ち上げても落ちてきません。
京料理などに良く使われますが、色々な食べ方があります。

摩り下ろしたものを油で揚げても美味しいですし、お豆腐と混ぜてがんもどきにもなります。
そのまま生で、千切りにして酢醤油やわさび醤油で食べても、サッパリして美味しいです。
また、煮物にも使われます。

枯れた蔓には、ムカゴが出来ていますので、これも採って食べましょう。
ヤマノイモと同じように粘りがあり、茹でたり炒めたり、煮物などに使います。

ヤマノイモを途中で折らないように掘るには、経験が物を言うようですが、結構難しいようです。
非常に根気の要る作業ですが、先端まで掘り下げていったら、先は少し残して槌を埋めます。
こうする事によって、翌年に又、芽が出てヤマノイモが育ちます。

最近は、ヤマノイモに限らず翌年の目が出ないような山菜の採り方をする者がいますが、言語道断です。
自然を守るという意識のない人は、山菜採りに山に入るべきではないと思っています。

来年の為に、という優しい気持ちで山菜に接して欲しいと思います
posted by dragonGG at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。