2011年07月02日

ワラビ

ワラビは、良く食べられる山菜の一つです。
煮物や和え物、お浸しにして食べます。
クセの無い味ですから、誰にでも親しまれる山菜ではないでしょうか。

ワラビは、シダ植物です。
草原や谷地などの日当たりの良い場所に生息します。

ワラビは、生で食べる事はありません。
毒性がある為、必ず茹でてから食用にします。

茹で方は、普通に塩を入れて茹でてもいいですが、アクが強いので重曹を加えるとアクも抜け、色鮮やかに茹で上がります。
昔から、木灰で茹でると良いと言われていますが、今は木灰も無いので重曹で茹でましょう。

山菜採りの代表のようなワラビですが、木が密集している所に生息する事はあまり無く、むしろ木がまばらな日当たりの良い場所に群生します。

ワラビは、得人強い味がある訳ではありませんので、茹でた物はお浸しにする他、サラダや酢の物。和え物などでも美味しく頂けます。
但し、ワラビは、中毒恵を起こしますので、食べ過ぎる事のないようにしましょう。
また、ワラビは、発がん性物質を含むと言われますが、たまに副菜として食べる分には何の影響も無いとの事です。

せっかく山菜採りで採ってきたワラビですから、帰ったら直ぐにした処理をしてしまいましょう。
時間が経てば、それだけ旨味が逃げてしまいます。

保存には、乾燥させる方法と塩漬けにする方法があります。
いずれも、茹でてアク抜きをしてからにしましょう。
保存しておくと、好きな時に食べられて便利です。
また、冷凍保存も出来ますので、茹でた後、小分けにして冷凍するのもいいですね。
posted by dragonGG at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 山菜採り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/212942345
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。