2011年02月10日

カタクリ

カタクリは、春を告げる花と言われています。

落葉広葉樹林に生息する、スプリング・エフェメラルです。

スプリング・エフェメラルとは、落葉広葉樹林に群生し、
雪解け後、直ぐに芽を出して成長する植物を言います。

地域によって、雪解けは違いますから
暖かい地方になるほどカタクリは早く出ると言う事ですね。

カタクリはユリ科の仲間で、赤紫色の花を咲かせます。
稀に、白い花を咲かせるカタクリもあるという事ですが、
非常に貴重だそうです。

カタクリは葉を食べますが、この葉芽は、丸まって出てきます。

しっかり丸まって硬くなっている為、
尖った先端で残雪や氷を貫いて出てくるそうです。

しかも、7年目にならないと花は咲かないのだそうで、
根は、カタクリ粉の原料になります。

今は、片栗粉と書いて、ジャガイモのデンプンですが、
カタクリ粉はもう少しとろみの強いデンプンです。

山菜として食べる部分は葉と花ですが、
ほんのり甘くクセがないので、どんな料理にも合います。

天ぷらやお浸し、和え物などにします。

しかし、カタクリには、お腹をゆるくする作用があるようで、
便秘の時ならいいかもしれませんが、食べ過ぎると下痢になってしまいます。
気を付けて食べて下さいね。

山菜採りで、採る素材の事を良く知っておくと、
採る時も大切に採るのではないでしょうか。

最近は、翌年には生えてこない、
というような採りかたをする人達が多いようで、
これは立派に自然破壊ではないかと思います。

山に入る時には、自然に敬意を払って、
そこにある木や山菜を大事に思って欲しいと思ってしまいます。

タグ:カタクリ
posted by dragonGG at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 山菜採り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/185173878
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。