2011年01月07日

山の暮らし

最近は、老後は田舎で、と思っている方が多いのだとか。
田舎の山暮らしがしたいのだそうですが、何故、そんなに山の暮らしに憧れるのでしょうか。

憧れは憧れとして、実際に生活するには不便な点が沢山あります。
それでも、山暮らしがしたいと思うのは、精神的に癒されるからでしょうか。

確かに、都会とまではいかなくても、人口の多い都市はいくらでもあります。
人が多いと、人間関係が複雑になってストレスが溜まりますね。
山の自然に触れると、そんなストレスも一掃されてしまいそうです。
自分も将来、山の暮らしがしたいと思っている訳ではありませんが、少し憧れる部分はあります。

親戚が田舎に住んでいるのですが、車がなければかなり不便なところです。
鉄道は、とっくの昔に廃止になって、交通手段はバスしかなく、それも日に2往復程度らしいのです。

しかし、のんびりとした風景は、いつ行っても変わらず、自分の郷里でもないのに、何だかホッとしてしまいます。
ここに住む事になったら、夜は木々のざわめきで怖いだろうな、と思いますが、慣れれば平気なのかもしれません。

買出しは遠くの町まで車で行っているよいうなのですが、冬は雪が多ければ大変だろうと思います。
今は、殆ど住む人もいなくなって、過疎化をまっしぐらの状態ですが、親戚はそこを離れる気はないと言います。
山は季節ごとに色々な色に染まり、本当に綺麗だと亡き母も言っていました。

山の暮らしの魅力は、四季折々の景色と山菜、木の実、それにストレスの無いところなのでしょうか。
気持ちが和むのは確かなので、会社やご近所との付き合いに疲れた方には、とてもよい所ではないかと思います。
ラベル:山の暮らし
posted by dragonGG at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。