2010年11月22日

キノコの効用

キノコ狩りは、秋を感じさせてくれます。
紅葉し始めた木々を見ながら、キノコを採るのもいいものですね。

キノコは、大変栄養のある食材です。
特にシイタケは、栄養食品として知られています。
自宅で、シイタケ栽培をしている方も多いのではないでしょうか。

一般に、キノコ類は抗がん作用が高い食品です。
よく、シイタケを食べるとがんにならない、と言われていますね。

キノコは、汁物、鍋物、天ぷら、煮物、佃煮と、調理のレパートリーも多い食品です。
茹でたキノコを、酢の物にしても、大根おろしで食べても、美味しく頂けます。
また、大量に採れた時には、塩漬けや冷凍で、長期保存も出来ますので、1年中楽しめます。

シイタケに限らず、キノコには抗がん作用のある物が多いのです。
キノコの成分が、免疫細胞を活性化させるようなのですが、そのせいでがん細胞が除去されるのですね。

シイタケには、他に抗酸化作用もあります。
抗酸化物質は、体の中の活性酸素を除去してくれますので、細胞の若返りが期待されます。

ヤマブシタケには、脳細胞を若返らせえる働きがあるそうです。
成分に、死にかけた神経細胞を活性化する働きがあるそうで、現在、製薬会社では、アルツハイマーの研究開発を行っているようです。

他にも、血圧を改善する物、血糖値を下げる物、コレステロール値を下げる物など、キノコによって色々な効能があります。

キノコ狩りに行く時には、どのキノコが何に効果があるのかを知っておくといいですね。
美味しく食べて、健康になりましょう。
タグ:効用
posted by dragonGG at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | きのこ狩り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/170309362
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。