2010年10月13日

キノコ狩り

秋は、キノコ狩りのシーズンです。
月によって、キノコも違ってきますので、9月から11月くらいまでは楽しめますね。
キノコ狩りでは、毎年必ずどこかで捜索願がい出されますが、不案内な山には入らないように気を付けましょう。

キノコ狩りは、昔からキノコのある場所は決して人に教えない、と言われています。
ですから、キノコ狩りに行こうと思ったら、自分で見当を付けて探すしかないのですが、これが遭難の原因にもなります。
キノコのある場所とを見つけると、つい夢中になって森の奥まで入ってしまうようです。
必ず、森に入る前には、目印になるような物を探して、確認しておきましょう。
そして、どのあたりにキノコがあるのかを見極めるようにします。
キノコを探して、むやみに森の中を歩き周るのは、とても危険な事です。
森の中は方向感覚が狂ってしまいますので、歩き回ると自分がどの方向から入ってきたのかが分からなくなります。
方位磁石を持っていると安心かもしれませんが、それでも森から出られなくなる事があります。
森に入る時には、充分注意してキノコ狩りをしましょう。

地域によって、採れるキノコの時期や種類は違ってくると思いますが、ホテイシメジやナラタケ、ウスヒラタケなどが採れます。
キノコは、毎年、食中毒を出しますので、毒キノコとの見分けが大事です。
良く分からないキノコや、見た事のないキノコなどには注意し、採らないようにしましょう。
キノコ図鑑があれば、持って行くといいですね。
ラベル:キノコ狩り
posted by dragonGG at 05:34| Comment(0) | TrackBack(0) | きのこ狩り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。