2010年09月23日

サルナシ

================

サルナシには、コクワと呼ばれる実がなります。

キウィのような形と味を持った実で、そのまま食べたり果実酒にしたりします。


甘くて美味しいコクワの実がなると、秋を感じます。

蔓性の植物で、サルが好んで食べる事からこの名が付いたと言われています。

中国産のシナサルナシをニュージーランドに持ち込み、改良した物がキウィフルーツだという事ですから、味が似ているのも分かりますね。

実の断面もキウィと変わりませんし、色もくすんだ緑色で、毛が無いだけのキウィのミニ版です。


私も、近くにサルスベリの木が生えていないので、コクワは今までに頂いたのは数回しかありません。

しかも、山菜採りに行った時に採った何個かを頂くので、チョッピリ味わうだけです。


サルナシは、ほぼ、日本各地の山地で見られます。

庭木として植えている方もいますので、割と良く知られているのではないでしょうか。


キウィに似ていますので、沢山採った時には、ジャムにしてみてはいかがでしょうか。

山を散策した時には、是非、サルスベリの木を探してみて下さい。

春から初夏にかけては、白い小さな花を付けます。


サルナシは、栽培するのも難しいようで、栽培品種が店頭に出回っているのは見た事がありません。

ただ今研究中の地域もあるようですが、実際に栽培物が出てくるのは、いつになるのでしょうか

山地に入って自生している物を採ってくるしか、今のところは無いようです。


春は花を眺め、秋には実を採って食べる事の出来るサルナシを、山菜採りに行った時にでも探してみませんか。

ラベル:サルナシ
posted by dragonGG at 04:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 山菜採り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。