2010年08月11日

ヤブカンゾウ

ヤブカンゾウは、葉・花・つぼみを食べます。
葉は、春に新芽が出ますが、花は7〜8月に食べられます。
夏は、山菜の季節ではありませんが、探せば夏にも山菜はあります。

ヤブカンゾウは、花のつぼみを採って茹で、酢味噌和えや胡麻和えなどにします。
甘味のある味で、少しぬめりもあります。


咲いた花は、エディブルフラワーとして使えます。
サラダに入れたり、ゼリーに入れたり、ジャムを作ったりします。
ホワイトリカーで漬けると、花酒が出来ますし、お茶にしてもいいですね。
来いオレンジ色の花ですから、彩りに入れるととても綺麗ですよ。

一重と八重がありますが、どちらもそれほど変わりません。
ヤブカンゾウは、身近な植物ですから、探してみませんか。

エディブルフラワーとは、食用の花のことですが、ヤブカンゾウのほかにもバラやラベンダー、スミレなど、食用に出来る花は色々あります。
しかし、やたらと花を食べるのは危険ですから止めましょう、
中には、毒性の花もありますので、食用に出来るかどうかを確かめてからにして下さい。

また、観賞用として栽培されいている花は、農薬や肥料の関係で食べる事は避けたほうがよさそうです。
エディブルフラワー用に栽培されている物以外は、口にしないで下さい。
その点、ヤブカンゾウは、自然の中で育った花ですから、安心出来ますね。

私はした事がありませんが、花をそのまま天ぷらにしたら美味しいのではないかと思います。
彩りも綺麗なので、盛り合わせにするとアクセントになります。

夏でも山菜採りは出来ます。
色々な山菜を見つけるのも、楽しいですね。
posted by dragonGG at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 山菜採り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/159096318
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。