2010年07月05日

コゴミ

コゴミは、クサソテツというのが正式名称のようですが、
若芽の部分を山菜名でコゴミと言うんだとか。

ゼンマイのように、先がくるくると巻かさっています。
地域によって採れる時期は違うかもしれませんが、
暖かい地域は、もっと早いかもしれません。

芽が伸びた後でも、茎の柔らかい部分は、食べる事が出来ます。

コゴミは、山林や川原の湿った場所に群生します。
山道に生えていたりしますので、よく山菜採りに行った時などに、
他の山菜と一緒に採って来る山菜です

食べごろは、芽が15cmほど伸びた頃。
葉がしっかり撒いている物を選んで、手で折ります。

丁度、手で折れる部分から上が柔らかいので、
ハサミなどで切るよりも手で折ってみましょう。

採ってきたコゴミは、早めに処理をします。

食べ方は、天ぷらが代表的ですが、
タタキにして酢醤油で食べても美味しく頂けます。

独特のヌルヌルがあり、それがまた、コゴミの美味しさを引き立てます。
ジュンサイやメカブのように、酢醤油がピッタリきます

しかし、多く食べると腹痛になるそうです。
他に、煮物や和え物、お浸し、炒め物と、どんな調理にも合います。

また、茹でた物は、冷凍保存も出来ますので、小分けして冷凍するといいですね。

コゴミは、庭で栽培する事も出来ます。
成長すると、葉がとても美しいので、観葉植物として眺める事も出来ますし、
また、次の年も出てきますので、毎年コゴミを楽しむ事が出来ます。
乾燥には弱いので、常に水土が乾かないようにしましょう。



タグ:コゴミ 山菜
posted by dragonGG at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 山菜採り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/155514447
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。