2010年06月20日

ヨモギ

ヨモギは、皆さん御馴染みの草もちに使われる山菜です。
山菜と言うには、あまりに身近にあり、ほかの雑草と同居しています。
ヨモギは、山菜として食べる他に、薬草としても昔から使われています。
山に入らなくても採れる山菜ですから、危険も少ないのではないでしょうか。
しかし、道路際のような場所は、排気ガスを吸収しているかもしれませんので、少し山に入った場所がいいかもしれませんね。

ヨモギは、キク科の多年草で、地下茎で増えます。
香りが良く、独特の芳香がありますので、嫌いな方もいる事と思います。
しかし、食用だけではなく、様々な使い方のあるヨモギですから、摂りに行ってみませんか。

葉は、柔らかい若い葉を摘みます。
茹でてから潰し、お餅やお団子に混ぜると草もちや草団子になります。
ヨモギは、茹でて冷凍すると長期間保存出来ますので、使う分ずつに分けて冷凍すると好きな時に使えて便利です。
生の葉は天ぷらに、茹でて水に晒した物は、胡麻和えや酢の物、炒め物などに使います。

ヨモギは、薬効成分の高い薬草として知られ、ヨモギの青汁は有名ですね。
ガンの抑制、アレルギーの改善、デトックス効果、婦人科系の改善など、様々な効果があります。
また、お風呂に入れてヨモギ湯にすると腰痛や痔に効果があるとされています。

ヨモギは、お灸のモグサとしても知られています。
モグサは、葉を乾燥させ、葉裏の綿毛を採取した物です。

その他、干した葉を煎じて飲むと腹痛や貧血、下痢などに効果があります。

昔から、食用として、また薬草として民間療法に役立ってきたヨモギは、優れものですね。
今年は、私もヨモギを探してみたいと思います。
タグ:ヨモギ
posted by dragonGG at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 山菜採り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/153841008
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。