2009年10月22日

自然生活 山ぶどう さるなし

田舎暮らしでは寒さは一段と厳しくなり、朝晩はストーブをつけるようになりました。
今までは密集していた森の中も、木の葉がだいぶ落ちて森の中の様子が見えるようになってきました。

先日、「山ぶどう」を採りに行きました。
今年は秋の食べ物は豊作で、「山ぶどう」は鈴生りです。
一本大きな蔓を見つければ、たちまち袋いっぱいになります。

スーパーのレジ袋3つ分は採ったでしょうか。
沢山採ったのは良いのですが、全部の実を一粒ずつ枝から外すのに2時間くらいかかりました。

実を洗ってホロリなどを取り、鍋に移して弱火にかけながら、実を潰していきます。
途中で水を「山ぶどう」が浸るくらい入れて、煮詰めながらどんどん潰していきます。

煮立ってくるとアクが出てくるので、丁寧に取り除きます。

これを布で作った袋に入れて、一晩吊るして煮詰めた汁をこし取ります。
手でギュッと握るようにして、こし取ると苦味が出てしまうので、吊るして時間をかけます。

こし取った「山ぶどう」の汁を再び鍋に入れて、煮詰めていきます。
砂糖をお好みの甘さになるまで入れて完成です。

時間がかかるわりに量があまり出来ないので大変貴重です。
酸味が強く他にはない味です。

また、「山ぶどう」と同様に「さるなし」も今年は豊作です。
果物のキュウイに大変似た味で山のフルーツです。
沢山食べてしまうと、舌が荒れるので食べ過ぎには注意しましょう。

今年はまだまだ沢山採れますので、
みなさんも「山ぶどう」や「さるなし」で自然生活を満喫しましょう。
posted by dragonGG at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/130927862
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。