2009年06月22日

きのこ狩り「しいたけ」で田舎暮らし

田舎暮らしをしている人たちは自分の家できのこを栽培したりしていますね。
しいたけ、なめこ、まいたけなどが多いでしょうか。

みんなさん自分の家のすぐ裏や近くにきのこを栽培するのに適したブナの木や、
ナラの木などの落葉樹に囲まれた場所があり、
栽培のために特にハウスなどは作る必要がありません。

ほぼ天然状態できのこを作ることが出来るのです。
そんな環境で出来たきのこは、驚くほど成長して手のひらサイズまで成長するんです。

雨の日が続いた時などは毎日収穫していかないと間に合いません。
しいたけなどは春と秋に2回収穫ができ、
また乾燥させれば長期にわたって保存することが可能です。

しいたけには本当にたくさんのビタミンなどが含まれていて、
「しいたけを食べていればガンにならない」などと良く言いますね。
本当に抗ガン作用になる成分が入ってるみたいですよ。

 100パーセント天然のしいたけと言うのは、
山に住んでいてもなかなかお目にかかれるものではない。

なめこやまいたけは意外とあったりするのですがしいたけは貴重です。
もしも山で出合えたら運がいいですね。

しかし毎年きのこ採りに出かけて熊に襲われる被害や、
毒きのこを食べてしまうなどのケースが後を絶たないです。

また、入った山が人が所有している所だったりする場合もあります。
地元の人はかなり山奥できのこを栽培したりしている場合もありますので、
「山奥だから天然だ」ということでもありません。

知識なくむやみに山に入ったり、山菜やきのこをむやみに採取するのはやめ、
自然環境保護に努めましょう。
posted by dragonGG at 05:10| Comment(0) | TrackBack(0) | きのこ狩り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。